おすすめのオンライン英会話サービス HOME » ネイティブな英語が学べる英会話サービス体験レポート » 【番外編】オンライン英会話 第2弾

【番外編】オンライン英会話 第2弾

オンライン英会話・レアジョブの体験レッスンをレポート

レアジョブは、2007年スタートの老舗オンライン英会話サービス。会員数は40万人以上と、大手オンライン英会話業界のひとつと言えます。4,000人以上の実力派フィリピン人講師のレッスンは、内容がとても充実していると評判です。

30代会社員男。来年から海外出張が増えるため、ビジネス上不便のない英語を学びたいと決意。つい先日、スクールとオンライン両方の体験レッスンを受講し、オンラインサービスの魅力を知る。そこで、大手オンライン英会話のひとつであるレアジョブに興味を持ち、体験レッスンを受講することにした。

  • 今回受けた体験レッスン
    レアジョブ 体験レッスン

レアジョブの無料体験レッスンについて

申し込みについて

レアジョブの公式ホームページ内にある「無料登録」ボタンから、まずは会員登録。

レアジョブの登録画面

確認が終わるとすぐにメールが届き、指定のURLをクリック。すると性別や生年月日、英会話取得の目的などの入力画面が登場。ほとんど必須事項なので、選択するのが少し大変…。しかし、レッスンは1回25分程度なので、事前にこちらの情報を共有しておく方が効率的だろうと気持ちを切り替え、すべての項目をチェック。

レアジョブの情報入力画面

項目は画像のとおり、性別・生年月日・英会話習得の目的・目標に達成するまでの目安期間・自分の英会話レベルの他…。

レアジョブの情報入力画面続き

TOEICのスコア、職種までが必須。任意項目は確か趣味だけだった気がする…。しかし、ここまで来たら趣味もしっかりと選択させていただいた。レッスン中の話題にも上手く活かしてくれるだろうと期待しながら。

これらの入力がすべて完了すると次のステップ。表示された時間帯を選び、今すぐ体験レッスンの日時を確定させるようだ。ちなみに、表示されたのは今日と明日の日時のみ…。即日の体験を希望していなかった身としては、いきなり時間帯を指定するのは難しかった。なので、この時には決めずに希望日の前日に改めて調整しようと、そのままパソコンを閉じた。

レアジョブの予約画面

体験レッスン予約について

レッスンを受けようと考えていた予定日の前日。レアジョブの会員ページにログインすると、前回と同じ画面で体験レッスンの日時を提案される。希望の日時を設定し、スカイプのIDを入力。その次の画面で、自分の英会話レベルと学習目的に応じた先生が提案される。しかし、先生の詳しい紹介はとくにされず、他の講師も選べないようだ。(自分でやり方がわからなかっただけかもしれないが…。)

レアジョブの予約画面続き

とりあえず、前回自分で入力した情報に見合った講師を選択してくれたのだろうと、提案された内容で予約を確定することにした。確かに多数の講師の中から自分の手で選ぶよりも、こちらの条件に見合った講師を提案していただく方が良いと思う方も多いだろう。

レッスン当日、直前に準備するものについて

体験レッスンに必要なのは、スカイプとヘッドセット。オンライン英会話サービスはほとんど共通なのだろう。あらかじめ登録しておいたスカイプIDに、講師からコンタクトが届いたのはレッスン開始時刻の5分前。そして、レッスンを予約した時間ちょうどに通知が鳴った。

画面に映った講師の写真とのレッスン

通話を始めると、画面に映ったのは男性講師。ひとまずお互い自己紹介をしたのだが、フィリピン人特有のなまりが多少気になったくらいで、言葉は聞き取りやすかった。また、こちらが喋った内容を褒めてくれたのだが、それが気持ちよかったので褒め上手な方なんだなぁと感心した

フリートークが10分続いたが、正直講師のネタがバラエティーに富んでいない気がした。開始時にした自己紹介で、「生まれたところ」「日本で有名な観光スポット」についての話をしたのだが、その内容を無理に引き延ばしながら授業を進めるだけだったので、会話が弾んでいるような感覚がなかった。

そして、何より驚いたのは、25分を予定していたレッスンが10分で終了してしまったこと。フリートークを10分間楽しんだのち、突然「See you」と言われて通話が切られてしまった。

体験レッスン終了後のスカイプ画面

レッスン終了後のメッセージ

10分でレッスンが終了し、愕然としたまま会員ページに飛ぶと「現在レッスン中」という表示。そしてそのあと、すぐに講師からレッスンのフィードバックメッセージが届いた。とても丁寧なレポートで、内容に関して不足はまったくないが、「なぜ10分で終わった…?」という疑問が頭の中を占めていた。

レッスン終了後に講師から届いたメッセージ

何か勘違いがあっただろうかと、メールを見返してみても、やっぱり25分の体験レッスンとある。講師からメッセージが届いたあと、すぐに相談窓口に連絡をした。先方が言うには「会社側の管理不足」とのことで謝罪をいただき、改めて無料で体験レッスンができるように手配してくれた。もしもの際の対応力は、やはり大手ならではだ。とはいえ、忙しい中で設定した時間帯に、満足のいくレッスンが受けられなかったのは、やはり残念だ。

2回目のレッスンを受けてみた

さて、日を改めて2回目の体験レッスン。流れは基本的に1回目と変わらない。今回も男性講師だったが、前回と異なり動画でのレッスンが始まった。臨場感が溢れ、講師の表情を見ながらしゃべれるため、気分も盛り上がる。前回の講師よりも実績が長い方だったこともあり、気になったフィリピン独特の発音もなく、非常に聞き取りやすい。

しかし、他英会話では確かに通じた、”I ask a favor of you.”(あなたにお願いがあります)を、まったく理解してもらえなかったのは不思議だ。後ほど調べたところ、”I have a favor to ask”の方が一般的な表現のようだ。そのようにアドバイスしてもらえたら、もっと納得していたかもしれない。

レベルチェックの後は、フリートークをメインにレッスンが始まる。事前の入力項目に旅行が趣味と記載したためか、「フィリピンと日本の観光地」の話題になった。講師は京都を知らないなど、あまり日本の知識はないようだったが、会話の引き出しが豊富で、楽しくレッスンができた。会話の途中で文法を間違うと、メッセージで指摘をしてくれて、理解がしやすい。若干PC操作は煩わしいが。

体験レッスン中のスカイプ画面

きっちり25分で体験レッスンは終了。楽しくトークができ、前回の不安はかなり払拭された。ただ、前回はすぐに送られてきたフィードバックが、なかなか送られて来ない。それどころか、2日間経っても何も連絡がない。レアジョブからのメールマガジンは、大量に送られてくるのだが…。これも講師によって対応が違うのだろうか。

レアジョブの無料体験レッスンを受けてみた総評

良い点、悪い点などたくさんあるが、やはり一番驚いたのは、25分予定のレッスン時間が10分で終了してしまったこと。窓口の対応は丁寧でスムーズだったため不満は大きくないが、忙しい中せっかく時間を割いたのに、こんな対応をされてしまったとなると心外だというのが正直なところ。

レッスン内容に関しては、フリートークがメインで進んだことは問題なかった。ただ、講師によってレッスンの質が大きく変わる。フィリピン特有のなまりもそうだが、初回は登録時点で入力した情報や趣味などが、レッスン内容に活かされているとは感じられなかった。2回目ではしっかりとパーソナルを理解したトークをしてくれた。毎回2回目の講師に当たれば良いが、なかなかそうはいかないだろう。

レベルチェックについても、1回目は10段階中3、2回目が4と、異なる評価を受けている。1段階とはいえ、評価が均一化されていないのは、少し考え物だ。

価格の優位性が高く、利便性も悪くないが、真剣にビジネス英会話を学ぼうと考えるのなら、少し費用の高いコースに登録する必要があるだろう。

2大手オンライン英会話の体験レッスン総評

  料金 利便性 講師の質 雰囲気
DMM英会話
公式サイト
5/5 4/5 4/5 3/5
レアジョブ
公式サイト
4/5 4/5 2/5 2/5