おすすめのオンライン英会話サービス HOME » オンライン英会話サービスにおける基礎知識 » これで英会話はばっちり!上達を早める学習メソッド

これで英会話はばっちり!上達を早める学習メソッド

英会話が上達するための勉強法

①発音

英語勉強で大切なのは「発音」!日本の学校教育では、文字を重視して教える傾向が強めです。したがって読めても聞けない、正しく英語を理解出来ない人がほとんどです。英語の学びなおしは、まず基礎中の基礎である「アルファベット」からスタートすべきです。

特に注意したいアルファベット

  • 「C」
  • 「M」
  • 「N」
  • 「S」
  • 「V」

大半の日本人は、上記のアルファベットは基本的な音が正しく発音出来ないので、正しい発音を身につけるために舌や口の動かし方から入りましょう。その次に、母音や子音の発音、間違いやすい音の区別の順で練習し、最終ステップで英語ニュースやドラマの会話を聞いてみましょう。ニュースやドラマの場合は、最初だけリスニングに集中し、次に台詞を真似るシャドーイングと手順を踏むのが望ましいです。

②基本文法

昨今では、「文法」を重要視しない人もいますが、正しく理解していないと簡単な文章作りでも、「地球上ではありえない内容の文」が出来てしまいます。英文を頭の中で早く組み立てて、応用も効かせるために文法を覚えておくのがおすすめで、後々に英語学習が何かと楽になります。

英文法を勉強する時の注意点

  • 大学受験用の参考書はできるだけ使わない
  • 文のイメージする

大学受験用参考書だと、あまり多用しない文法表現が多く載っています。そのため、頻繁に使用する表現が豊富に載っている中学レベルの参考書を最初に使うのが望ましいです。
また、練習時に文の内容を頭の中でイメージすれば理解を深まります。特に、会話で頻繁に使うフレーズを丸暗記すれば、いざという時に使えます。多用出来るフレーズなら、頭の中で結びつきやすく、整理しやすいので、応用が利きやすくなります。

③声に出して読む

①と②を掛け合わせて、声に出して英文を読むのは重要な練習法です。数回繰り返して声に出して読めば、記憶に残りやすいからです。特に、新しい単語や台詞を覚えたい時に効果的です。

声に出す際のコツ

  • 意味を理解してから読む
  • お芝居の練習だと思って大きな声で読む
  • 口の開きは少し大げさなくらいがちょうどいい
  • 身振り手振りや感情を加えるとより効果的

上記のコツを行なえば、着実に覚えたい文法や単語、台詞に至るまで長く記憶していられます。もし、発音やアクセントが間違っていないか不安になったら、英語学習アプリを使って確認してみましょう。

④わからないことはすぐに質問する

レッスン中は勿論、実際の会話でもわからないことが出てきたら、迷わず質問しましょう。わからないことを放置したら、永遠に解決出来なくなるだけではありません。別で不明点が出てきても、質問するチャンスを逃してしまう、聞き流しをするのが日常化してしまい、覚えられない悪循環に陥ってしまいます。
質問する力は、いわば「聞き返す力」。英語を理解する上で欠かせない力となるので、不明点は、即質問してその場で解決する癖を身につけてください。

⑤継続する

継続は、語学を学ぶ上で大切な要素。しかし、逆を言えば上手く休む力でもあります。通学型かオンラインの英会話で、仕事の都合や体調不良によりどうしてもレッスンが受けられない日もあります。「休む=ブランクが生じる」印象を抱きがちです。ですが、モノは考え様。そんな時は無理せず休んでください。
また、レッスンキャンセルの旨を連絡する時には英会話で行なってみましょう。英語で休む旨を伝えれば、ちょっとでも会話練習を行なったことになり、勉強をサボったという罪悪感を抱かずに済みます。メリハリをつけて行なえば、精神的にも負担なく英語を続けられます。

何事も、土台となる基礎は大切です。また、わからない点はすぐ誰かに聞く、1日の中で英語を使う時間を確保する意識もお忘れなく!きれいな発音で、外国人と対等に会話出来るよう、基本的なところから積み重ねていきましょう。

英会話が上達しない人に共通している勉強法

①発話の時間が短い

英語学習で陥りがちなのが、ただ英文を音読するだけに留まること。音読は決して悪いものではありません。講師とのレッスン時は有効ですが、そこから応用が利きにくくなり、貴重な学習時間を無駄に費やしているに等しいです。
発話量を増やすために、レッスンの復習は勿論ですが参考書に載っている英文を主軸にしたあらゆるパターンの英文を声に出す練習を心がけましょう。

②間違いの修正だけを繰り返している(一度正解したものを繰り返すことも大事)

単純に、間違いだけを修正するのは逆効果。「なんで、間違えたのか」を細かく分析しなければ、いつまでも同じところにつまずく可能性が大です。何がわからないのか、何を学ぶべきなのかを意識すれば、間違いだけを修正する日々から脱却出来ます。また、間違いの修正を繰り返すだけでなく、一度正解したところも、繰り返すことも大切です。正解した部分も、繰り返し練習することで、記憶に深く残せます。

③英会話の学習レベルがずっと同じ

オンライン英会話で覚えたことを反復練習するのは大切なことです。反復練習は、覚えた文法表現を頭に定着させるのに適していますが、いつまでも同じレベルのところだけを何度も繰り返してしまったら次のステップに進めません。英語学習で設定した目標に対してどれくらい進んでいるのか、課題点を克服出来ているのかなど、現状を把握すれば、次のステップに進むべきか見えてきやすいです。

3つの中で、どれか1つ当てはまっていませんか。英会話力を高めるために、陥りがちだった勉強法を改善し、着実にレベルアップを図っていきましょう。

瞬間英作文は独学勉強法に効果的

瞬間英作文は、いわゆる瞬時に英文を作り出すためのトレーニング方法で、英語の通訳者を目指す人にうってつけです。トレーニング効果として、短くて簡潔な内容の英文を数多く作れるようになる、あらゆるパターンに慣れるまで何度でも反復出来るところです。時間帯効果の高いのは勿論、英語で必要となる4技能にも良い影響をもたらしてくれます。

スピーキング、ライティング

  • 正確な文法で英文が組み立てられる、話せる、書けるようになる
  • 英語をスラスラ話せるようになる

リーディング

  • 主語や述語を瞬時に理解
  • 返り読みが直せる
  • 速読力UP

リスニング

  • 意味がつかみやすくなる

上記の効果を発揮してくれるのは勿論、資格取得にも役立ちます。TOEICの公式問題集や模試で使われる英文や和訳を利用すれば、高得点をたたき出すのも夢ではありません。
瞬間英作文を行なう上で重要なポイントがあります。以下のことを守れば、高い英語能力を身につけられます。

簡単英文を数多く作る

似通った英文を作るのではなく、あらゆるパターンの英文をたくさん作ることが重要。

スピードと滑らかさを重要視

英会話を行なう場合、言いたいことを瞬時に出てこさせるために、滑らかな口調で瞬時に言うトレーニングを積み重ねましょう。

暗記しない

即座に、日本語文を英語でそれ相応の単語・構文・文法に置き換えるトレーニングなので、英文の丸暗記は上達を遅らせます。

英会話で必要な4技能をバランスよく高めるために、瞬間英作文を使った勉強方法は効果的!上手く利用すれば、瞬時に英文が作れる力を養うだけでなく、資格取得成功率を高められます。

勉強で身につけた発音・英作文・文法をアウトプットする

英語では、インプットだけでなくアウトプットも大切。せっかく文法や英単語を覚えても、使わなければ意味がないので、常に使い続けることを習慣化しましょう。アウトプット方法なら、以下の方法がおすすめです。

SNSでつぶやいてみる

海外の人ともつながりやすいSNSはアウトプットに最適。Twitterで、好きな洋楽アーティストへのコメント投稿、あるいはFacebookで海外の友達にメッセージを送信してみましょう。ただし、返ってきた内容の意味を把握せずに次のメッセージを発信するのは避けてください。

日記にして書いてみる

毎日、ノートやパソコンのオフィスツールで日記をつけている場合、最初はちょっとした英文を書くところから始めてみましょう。慣れてきたら、徐々に長くしていき、最終的には日記全文を英語で書いてみるのもアリです。

洋楽を歌ってみる

スムーズな英会話を身につける、正しい発音が出来ているかチェックするのに洋楽は最適で、カラオケに訪れたら試す価値ありです。最初は、歌詞を見ながらどんな単語を口に出して言っているのかを理解しながら歌うのが望ましいです。慣れたら歌詞を見ずに歌ってみましょう。また、楽器が趣味なら、弾き語りするのもおすすめです。

オンライン英会話を活用して実際に会話してみる

オンライン英会話でレッスンを受けているなら、習ったことは勿論ですが今までのレッスンで培った表現を講師に発信してみるのも有効です。ほとんどのやり取りを全部英語で出来れば上出来です。

どれも、自宅で気軽に始められるものばかりです。この中で、出来そうなものがあったら試しにやってみてはいかがでしょうか。