HOME » オンライン英会話サービスにおける基礎知識 » オンラインサービスのメリットとデメリット

オンラインサービスのメリットとデメリット

英会話をオンラインサービスで受講する上でのメリットやデメリット、通学型の英会話スクールのメリットやデメリットについて紹介します。

オンライン英会話のメリットとは?

レッスン料が安い

なんといっても、レッスン料が安いことが一番のメリットでしょう。入会金無し、1日1回25分のレッスンを月謝6,000円くらいから、1レッスンにすると120円から150円台で受けることができます。こんなに安いレッスン料が実現できる理由は、ほとんどの講師がフィリピンに住んでいるフィリピン人で、日本の賃金と物価の差からあるからなのです。

自分の都合に合わせたスケジュールで受講できる

1日2回プランや週末プラン、平日プランなどスクールによって色々なプランがあり、早朝から深夜まで講師のあいている時間にレッスンの予約を入れることができるので、自分の都合に合わせたスケジュールを組むことができます。

レッスン回数をこなすことができる

スクールに通ったりする必要もなく、自分の都合の良い時間に毎日受講できるので、レッスン回数をこなすことができ、英会話の上達も速くなります。

いつでもどこでもレッスンを受けられる

インターネット環境とパソコン、スマホ、タブレットがあれば、いつでもどこでもレッスンを受けることができます。24時間受講できるところもあるので、深夜や早朝でもレッスンを受けられます。

外国の文化に触れることができる

色々な国の講師が自分の国にいながらレッスンをしているので、その国の文化に触れることもでき、とても楽しいです。

オンライン英会話のデメリット

人気の先生は予約が取りづらい

教え方が上手で人気のある先生は予約が多く、数日後までいっぱいということもあります。毎日受講するとなると、毎回先生が変わってしまうことも多いです。

回線状況が悪いことがある

インターネットを介してレッスンを受けるので、回線状況が悪くて途中で切れてしまったり、台風などでつながらなくなってしまうこともあります。

訛りがあることがある

フィリピン人の英語は基本的に米語なのですが少し訛りがある講師もいます。しかし中には、大学でちゃんとした発音を学んでいたり、発音研修を受けたことがあったり、アメリカの会社で働いていたことのあるなど、発音がきれいな講師もいるので調査しておきましょう。

通学型の英会話スクールのメリット・デメリット

メリット

講師がアメリカ、イギリス、オーストラリアといった英語圏の国出身のネイティブなので、発音がきれいです。また講師に対する評価制度、試験、研修があるので、質が高く一定しています。またスクールにはカウンセラーがいるので、勉強について色々相談することができます。基本的にグループレッスンなので勉強仲間ができ、よい刺激になり、勉強するモチベーションもあがります。

デメリット

入会金や教材費がかかり、レッスン料が高いです。グループレッスンの場合でも週1回50分レッスンで月謝が10,000円以上、マンツーマンの個人レッスンになると1レッスン6,000以上のところが多いです。レッスンは何曜日の何時からと決まっているので、その時間に学校まで通わなくてはならないことは、かなり面倒なことです。また都合が悪くなって行けなかった場合に振替受講ができないスクールもあります。